ネット・ゼロ・エネルギー・ビル

「省エネ」+「創エネ」の働きやすい環境づくり

~ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)とは~

ZEBであることの必要性

現在の職場環境において、OA機器・照明・空調・給湯など、様々な機器の活用によりエネルギーの消費をしているかと思います。
一方、地球温暖化対策やエネルギー需給の安定化のため、エネルギー消費量を減らすことが必要とされています。
そのため、建物でのエネルギー消費量を大きく減らすことができるZEBの普及が求められています。

ZEB(ゼブ)とは、Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費するエネルギーをゼロにすることを目指した建物のことです。
日本におけるZEBの定義として、建築的対策+空調・換気・照明・給湯・昇降機の5設備の大幅な省エネ+再生可能エネルギーの活用にて年間の一次エネルギー消費量収支をゼロにすることをいいます。
※OA機器の省エネは対象外となります。

政府は「2020年までに新築公共建物、2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現することを目指す」という政府目標を掲げており、ZEB・ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)がこれからのスタンダードとなっていきます。
環境省ZEBポータル http://www.env.go.jp/earth/zeb/index.html

■ 省エネ
 パッシブ技術+アクティブ技術による光熱費の削減
■ 快適性・生産性向上
 我慢する事のない省エネ
 快適で働きやすいオフィス
■ BCP対策強化
 創エネにて自給自足
 災害時の事業継続
■ 資産価値向上
 省エネ性能の高さが選ばれる時代
 BELS評価による資産価値向上
■ 社会貢献/環境保全活動推進
 SDGs・CSRへの取り組み
 都市内部換気汚染問題の改善

”2030年までに達成すべき17の目標 SDGs(持続可能な開発目標)”の取り組みの一つとして企業目標に取り入れてみましょう。

ZEBソリューション

当社ではZEBソリューションにて設計・補助金申請・設備納入・設備保守・運用改善提案までワンストップにてご提供いたします。

【設計のポイント】
① ZEBの定義・考えに沿った設計
建築的対策(日射遮蔽・自然換気などのパッシブ技術)+高効率設備の導入(照明・空調などのアクティブ技術)+再生可能エネルギーの導入
② ZEBの数値目標を満たす設計
お客様のニーズに合わせて、ZEB(100%低減)から最低でもZEB Ready(50%低減)を達成できる仕様検討とエネルギー消費性能計算を繰り返し実施

③ 補助金を考慮した設計(補助金申請時のみ)
補助金募集要項を参照の上、選定した断熱材や設備が対象か確認

【ZEB達成状況の見える化】
  BEMSデータを使ってエネルギー管理
補助金を活用する際には運用実績を定期的に報告する必要があります。日々の達成状況データはクラウドに保管され、管理・分析し、更なる省エネに向けた改善を図ることが出来ます。
また、お客様とともに運用改善に取り組む、アシストプランのご用意もあります。

【ソリューションでのご提案】
空調・換気・照明・給湯・昇降機の5設備、創エネ・蓄エネシステム、管理システム全てをトータル的に設計から管理までサポートすることで効率よく且つデータ化がし易いという大きなメリットがあります。
一括管理が出来るからこそ運用の見直しも、保守に関しても安心してご利用頂けます。最適なプランで快適な職場環境づくりを目指しましょう!

矢野建設へぜひご相談ください

スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

環境エネルギーのご相談はこちら

 お気軽に太陽光発電・蓄電池・ZEB/ZEHについて、矢野建設「環境エネルギー事業部」までお問合わせください。

フリーダイヤル(総合) 環境エネルギー事業部 0120-28-2773