矢野建設株式会社(名古屋市港区)|工場・倉庫・事務所・オフィス建築・住宅・リフォーム・不動産・環境エネルギー

YANOKENの挑戦

Challenge
YANO!!

チャレンジし続けること。
それは、成長する上でとても大事なことであり、お客様により良い商品を提供する上でも必要なこと。矢野建設では1つのプロジェクトを数人の社員が携わり追求しています。

DRONE (無人航空機)

建築現場での、作業の効率化、作業者の安全確保、工期短縮、作業漏れの防止等の生産性を向上させる目的で導入をしました。
従来、点検作業時は足場を組んだり高所作業車を借りて、数人で点検をする作業でしたが、ドローンを使うことで数十分で目検を行うことができるようになりました。ドローン導入前は、一日に一か所しか点検作業が行えなかった建築現場で、ドローンを使用することによって一日に数か所の点検が行えるようになりました。操縦士は定期的にドローン飛行を行い、点検時の飛行に備えています。

BIM(Building lnformation Modeling)

設計(図面)、積算(見積書)、3D(立体的に見せる)、購買(材料の発注)、工事における工程表管理、原価管理を連動し効率アップを目指すとともに将来を見据えたうえで、プロジェクトを進めています。現在、実際の物件を用いて、ソフトに建物の情報を入力し、発注者に対しての説明は3Dを用いておこなっています。将来は、建設現場での活用と建物のライフサイクルの管理ができるように目指しています。