矢野建設株式会社(名古屋市港区)|工場・倉庫・事務所・オフィス建築・住宅・リフォーム・不動産・環境エネルギー

先輩社員の声 -VOICE-№5

先輩社員の声

VOICE

2018年12月 入社 積算部所属 

入社の決め手となったポイントは?

転職活動をしている時に、未経験でもチャレンジできるという矢野建設の積算求人を見て「これだ!」と思い応募をしました。以前から、建築物に興味があり、御園座やスパイラルタワーズなどを見て、どのように建てられているのか気になっていた事や、建設業が人手不足だというニュースを見ていたので、私でも何か貢献できないかなと思っていました。
面接時に仕事内容を細かく聞くことができ、その時に自分が矢野建設で働く姿がイメージできたので、入社することを決めました。

入社してから現在までの仕事内容

入社当時は、図面の見方や基礎を作るために土を掘る量の計算を教わるところから始まりました。それから、基礎や屋根、外壁、内装と順に学んでいきました。現在は、図面から工事に必要な材料の数量を拾い出し、各専門工事会社へ見積依頼をする等の積算見積サポートをおこなっています。拾い出し箇所でわからないことは、その都度、上司や先輩方に相談をしています。

入社後、一番苦労したこと、一番嬉しかったこと

図面から実際の建物や工事の過程をイメージすることが非常に難しく、今でも苦労しています。イメージがつきにくい基礎工事や鉄骨工事は、現場へ出向いて自分の脳裏に焼き付けています。そうすることで、図面と建物が結びつきイメージしやすくなります。他にも図面に記載がない、工事に必要なものを想定しなければいけない点は本当に苦労しています。その中で、見積書が完成した時には、喜びと達成感、そして今よりも知識を増やして、次の見積作成に活かしていきたいと意欲がわいてきます。

今後の目標

建築積算は、覚えることがたくさんありますが、1つ1つ根気よく覚えていき、ゆくゆくは、積算見積を行えるようになりたいです。また、建築士等の資格取得も目指したいです。

 

これから入社してくる方へ伝えたい事

建築に対して知識や経験がなくとも、少しでも興味があれば挑戦して欲しいです。初めてのことは、何をやるにしても覚えることはたくさんあります。1つ1つ覚えていけば自分の知識になり、いずれ自信へとつながります。

TOPへ