矢野建設株式会社(名古屋市港区) |工場・倉庫・事務所・オフィス建築・住宅・リフォーム・不動産・環境エネルギー

お気軽にお問い合わせください
受付時間 9時〜18時(土日祝定休)

先輩社員の声 -VOICE-№10

先輩社員の声

VOICE

2014年04月 入社 工事部所属 

入社の決め手となったポイントは?

就職活動中に最初から決めていた事は、一番初めに内定をもらった企業へ就職をするということでした。
矢野建設は、学生時代にアルバイトをしていたお客様からの紹介で、アルバイトをさせて頂いた企業です。工事現場でのアルバイトは初めてでしたが意外と楽しかったことと、新卒の募集をしていると話をお聞ききしたので、そのまま応募することにしました。
当時、数社程面接を受けていましたが、一番最初に矢野建設から内定通知をもらうとは思ってもいなくて、これも何かのご縁かなと感じました。

現在の仕事内容

工事現場の監督として1つの現場を任されています。
現場監督の仕事は、安全管理、工程管理、原価管理、また質の高い建物を造り上げることです。
朝礼から始まり、作業員の健康状態のチェック、進行中の現場のチェック、作業中のチェック、工事工程の調整、人員調整、近隣対応等行います。

入社後、一番苦労したこと

学校で建築を学んでいましたが、施工管理ついては学んでいなかったので、知識と技術を身につけるのに苦労しています。日々、実践で繰り返して習得しているので、学生時代に比べて学校で勉強しているよりか身につくのは早いかなと思います。

入社後、一番嬉しかったこと

お客様から「ありがとう!」と最初に言われた時は何よりも嬉しかったです。竣工した物件を、お客様が顔を輝かせてこの建物で事業を行おうとしている姿を見た時は、施工中の苦労は吹き飛び達成感に変わりました。今は、質の高い建物を提供できることを目標としています。

矢野建設のいいところ

社内OJTがあることで、日々色々なことを実践で学ぶことが出来ます。   また、他部署との連携(営業やその他)が非常に高いことに驚きました。      仕事だけではなく私生活でもアドバイスを頂ける為、仕事に専念できる環境があります。人当たりの良い所、自分のことのように心配をしてくれる、そんな人間味のある会社です。

今後の目標

大型物件の施工監理技術者になることです。
今は、日々の業務を計画通りに遂行し、問題が発生したら迅速な対応ができるように心がけています。また、自分で小さな目標を立て、達成をすることでモチベーションを高めています。施工管理技術者は、現場の統括を担う職種です。まだまだ、目標に向けて技術はもちろんメンタルも磨いていきたいです。

これから入社してくる方へ伝えたい事

大学卒業後の就職の決め手は些細な事柄でした。私は、内定を一番にもらったところに入社をする、知識や技術は入社してから身につけると決めていました。何よりも大学卒業後は、社会人として社会に貢献をするという強い意志がありました。自分にとって何が一番大切でこれだけは絶対に譲れない!!というものがあると思います。その想いを大切にして下さい。

TOPへ